LINK
自己破産の手続きは端的に定義するならば破産の認定を受けた際に債務を負った人が所有している全部の持ち物(生存していく上で最低限なくてはならないものだけは所持を認められている)を接収される一方でほぼ全部の負債が免除となるのです。宣告を実行した以降稼いだ給金や新たに保有し出した資産を借金返済にあてる必要、義務は存在せず多重債務者などの社会復帰を助けるために作られたしきたりとなっております。借金弁済における問題を負う方々が持っている悩みの一つには破産の手続きを実行することへの漠然とした不安があります。上司などに知られてしまい実生活に悪影響を及ぼすのでは?といったように思ってしまう自己破産希望者がなぜかたくさんいらっしゃいますが実はそのような不利益はないのです。自己破産申請は多くの債務身の丈を越えた借金によって悩んでいる人々を窮地から救う為に国会で制定した法的制度なのです。自己破産した方について以後の日常の中で不都合を強いられるような規則はあまりないように設定されている法的制度です。ところで自己破産の手続きを行うにあたっては絶対に満たさなくてはいけない要件があるのに注意しましょう。何かと言うと返済義務のある借金をどんなに努力しても返還することが出来ない(弁済不能)だという司法機関の判断です。未返済債務の金額、そのときの収入を考えて破産申請者が返還出来ない状態だという具合に裁判所から判定されたのであれば自己破産を行う事が出来るのです。例えば、破産申告者の多重債務の合計が100万円である一方で給与が10万円。そういった場合には債務の返済が著しく困難であり、債務の返済が出来ない状態だと認められ自己破産の申立を執り行えるようになっています。その一方で職があるかどうかということは参考にはならず破産の申告は継続的に働いて債務返却が著しく難しい状態になければいけないという取り決めがあるため、労働しうる状態である、労働することの出来る条件下にあるのであれば借金の総計が二〇〇万にまで届かない場合破産の申告が受理されないようなこともあります。